MENU

配合成分の豊富さが特徴のペニス増大サプリに期待

ペニス増大サプリ 配合 成分

こんにちわ。牛島です。

 

 

効果の期待できるペニス増大サプリには、配合成分がとにかく豊富という特徴があります。勃起力の強化が狙いのサプリには、シトルリンという血行促進作用のある成分がメインですが、海綿体の細胞を増殖させてペニスそのものを大きくするための成分はそれほど含まれていません。

 

 

ただ、シトルリンメインのサプリにも最近では多種類の成分を配合したものが増えてきているので、ペニスの増大の効果がまったく期待できないというサプリは少なくなってきました。

 

 

しかし、ペニスの増大を第一に考えるなら、成長ホルモンの分泌に作用する栄養成分が多数配合されたサプリを選ぶことが大切です。

 

 

ペニスを増大させるサプリには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など成長ホルモンの分泌に直接作用する成分が多数配合されていることが特徴です。血行促進作用のためのシトルリンももちろん配合されているので、勃起力の強化も期待できます。

 

 

こうしたサプリも増えてきましたが、おすすめを挙げるなら「ゼファルリン」や「ゼノファーEX」を推します。ゼファルリンとゼノファーEXには、ともに「GHリリーザー」と総称されるビタミン、ミネラル、アミノ酸が配合されています。

 

 

動物性の栄養素も豊富で、すっぽん、マムシ、オットセイ、サソリなど、昔から精力増強に効果があるとされてきた材料も使用されています。植物性の成分では、高麗人参、マカ、ガラナなどの勃起力に作用する成分も豊富です。

 

 

どちらもペニスの成長に欠かせない栄養素を多数含み、それを効率的にペニスに届けるために血行促進作用のある成分も配合されているという特徴があります。

 

 

基本的に天然由来の成分のみで構成されているため体に安全ですし、理論的にはペニスの増大に必要な成分がすべて含まれているため、最初に選ぶべきサプリとして特におすすめできる製品です。

 

ペニスに栄養をしっかり届けるにはシトルリンとアルギニンが必須

 

ペニス増大サプリにはシトルリンという成分が欠かせません。シトルリンは体内に摂取されると血中に含まれる一酸化窒素の生成を助けます。

 

 

実はこの過程で、シトルリンは体内でアルギニンに変換するのです。シトルリンとアルギニンはペニス増大サプリの成分でよく目にしますが、これらは別の物質ではなく同一の成分が形を変えたものということです。

 

 

シトルリンがアルギニンに変換されるわけは、シトルリンの状態では体の成長に作用しないからです。アルギニンに変換されて成長ホルモンの分泌を促す作用が働きます。また、アルギニンは精子の生成に必須の栄養素です。

 

 

精子の構成要素の80%はアルギニンが占めるというぐらいですから、アルギニンを十分に摂取しないと生殖活動ができなくなってしまいます。また、30代以降の年齢になると体内でアルギニンを十分に合成することができなくなります。

 

 

こういう理由からアルギニンはサプリでしっかり摂取しなければならないのです。では、シトルリンが体内でアルギニンに変換されるなら、どちらか一方だけ摂取しておけばよいのではないかと思われる方もいるのではないでしょうか。ところが、これらの成分は単体で摂取しても吸収率が良くないのです。

 

 

摂取した量の約40%しか吸収されないというデータもあります。ある製薬メーカーによると、シトルリンとアルギニンを同時に摂取したときには、吸収率が単体で摂取したときよりも1.5倍に増えるということです。

 

 

つまり、両方同時に摂取することによって相乗効果が期待できるわけで、ペニスに栄養を送るのにも効率が良くなるのです。したがって、ペニス増大サプリを選ぶ際は、必ずシトルリンとアルギニンの両方がしっかり配合されていることを確認しましょう。