MENU

ぺニス増大サプリは成分の種類が多いほうがいい?

こんにちわ。牛島です。

 

 

ペニス増大サプリは様々なタイプがありますが、大きく分けると2種類があると思います。一つはシトルリン単体が配合成分であるタイプ、もう一つがいろいろな成分を配合した総合成分型のタイプです。私が思うに、前者のシトルリン単体型はペニスを大きくする効果は少ないでしょう。

 

 

シトルリンの配合量を売りにしたサプリはいろいろあります。シトルリンの1日の摂取目安は800mgですが、サプリによって1回で2000mgのシトルリンが摂取できるものもあります。それだけ入っているのならさぞかし効果があるだろうと私も思っていましたが、実際はペニスの大きさに特に変化がありませんでした。

 

 

確かに勃起力という点では血行が良くなったおかげで改善があったかもしれませんが、増大という点で見ると私には効果がありませんでした。実際、今ではシトルリン単体のサプリは以前ほど売れていないので、ほかの人も同じなのでしょう。

 

 

シトルリンに期待できる作用は血行促進です。血行が良くなれば、勃起したときに海綿体に流れ込む血液の量が増えて、それ以前より強く長く勃起するということはあります。ただ、期待できるのはそれだけで、シトルリンにペニス自体の増大作用はありません。

 

 

ペニスを大きくするには、成長ホルモンによって海綿体の細胞を増殖させる必要があるので、成長ホルモンの分泌をちゃんと促してくれるような成分を摂取するべきです。

 

 

そのための成分とは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などさまざまな種類があるので、それらがバランスよく配合されていることが、サプリ選びでは大切になります。シトルリンだけ2000mgも3000mgも配合されていても、それ以外に増大成分が入っていなければ、ペニスが大きくなることはないのです。

 

多種類の成分が配合されたサプリで増大に成功

 

私はこれまで数々のペニス増大サプリを試してきましたが、愛用しているのはヴィトックスαエクストラエディションというサプリです。これは、シトルリンだけでなく、成長ホルモン分泌を促す成分が豊富に配合されているので、単なる勃起力強化ではなく、ペニスそのものを大きくするのに役立っています。

 

 

ヴィトックスαエクストラエディションは100種類以上の成分を配合しています。シトルリン・アルギニンは当然として、マカ・マムシ・サソリ・トナカイの角といった天然成分がたくさん含まれています。シトルリンもそこそこの量なので、増大成分によって分泌された成長ホルモンが、血行が良くなったことでスムーズにペニスまで運ばれます。

 

 

おかげで、ペニス増大と勃起力強化を同時に果たすことができました。もともとはアメリカのサプリなのですが、日本人向けに開発され直しているので体質的にも合いますし、安全性も問題なしです。

 

 

シトルリンがペニス増大サプリにおいて重要な成分なのは確かだと言えます。ほかの成分でいくら成長ホルモンの分泌を促したところで、それがちゃんとペニスや睾丸まで届かないと意味がありません。シトルリンによって血液の循環を良くして、ホルモンや栄養素が運ばれるようにすることが大切です。

 

 

ただ、シトルリンだけでは、血行は良くなってもペニスに運ばれる成長ホルモンが足りません。ですから、ペニス増大サプリに求められるのは、シトルリンのほかに成長ホルモンの分泌を促す成分がバランス良く何種類も入っていることです。

 

 

1種類の成分が決定的な役割を果たすわけではないので、私はペニス増大サプリにはたくさんの成分が配合されていることが大切だと思っています。