MENU

シトルリンをたくさん摂取したからといってシトルリン血症になるわけではない

こんにちわ。牛島です。

 

 

ペニス増大や勃起力強化に欠かせないシトルリンですが、シトルリンの配合量が多いサプリばかり摂取していて健康に問題はないのかと気にされている人がいるようです。そこで、サプリでシトルリンを摂取することで、健康への問題はないということを説明したいと思います。

 

 

確かにシトルリンに関係している病気はあります。ネット上の情報でも、シトルリンの過剰摂取で肝機能に異常が出るというような記事を見かけます。これは「シトルリン血症」を指しているのでしょう。これは血中のシトルリン濃度が上昇する病気です。

 

 

細かく分類すると「シトルリン血症T型」「シトルリン血症U型」「アルギニノコハク酸尿症」の3種類があります。「シトルリン血症T型」はアルギニノコハク酸合成酵素欠損症によって、「シトルリン血症U型」はシトリン欠損症という遺伝子異常で、「アルギニノコハク酸尿症」はアルギニノコハク酸リアーゼ欠損症で、それぞれ生じます。

 

 

3つとも尿素サイクルの異常によりアンモニアの代謝が妨げられ、高アンモニア血症となるのが基本的な症状です。常染色体の劣性遺伝によって発症する病気で難病ではありますが、遺伝的要因がおもに作用されると考えられているので、一般の健康な人は特に心配する必要はないでしょう。

 

 

シトルリンを摂取するとアルギニンへ変換されます。また、アルギニンは体を作る重要なアミノ酸ですが、余った分はシトルリンに再変換されます。このようなサイクルでシトルリンは体内をぐるぐると回っているのです。

 

具体的な作用としては、細胞の代謝に伴い生じる老廃物を無害な尿素に変えて、尿として体外に排出するためのアミノ酸です。ところが、そのサイクルに何らかの要因で異常が生じると、血中のシトルリン濃度が異常に上昇してしまいます。

 

 

シトルリン血症の症状としては、意識の混濁やまひ、痙攣、異常行動、他人の識別ができないなど、精神神経に関するものが認められます。生まれたばかりの赤ちゃんから老人まで、幅広い年齢層に見られる病気ですが、具体的な症状は個々によって違っており、治療法として確立したものは現在のところありません。

 

 

危険な病気ではあるのですが、遺伝的要因が作用していると考えられているため、サプリで多少シトルリンを摂取したところで、健康な人が発症する心配はまずありません。少なくとも、サプリの用法・用量を守って摂取するぶんには、まったく問題ないと言えるでしょう。

先天性の病気であるシトルリン血症はサプリの摂取などでは発症しない

 

シトルリン血症とは、シトルリンを分解するための酵素が欠損して、血中のシトルリン濃度が上昇する病気です。つまり、シトルリンが問題ではなく、それを分解するための酵素が欠損していることが問題の病気となります。

 

 

そのため、特に何も問題を持っていない人がシトルリンを摂取したからといって、急に発症するような病気ではありません。

 

 

シトルリンを分解するのは、アルギニノコハク酸シンテターゼという酵素です。シトルリンは尿素サイクルのなかで、オルニチンからアルギニノコハク酸への中間体としての役割を果たします。

 

 

しかし、アルギニノコハク酸シンテターゼが欠損していると、シトルリンがアルギニノコハク酸に変換されず、血中のシトルリンが増えてしまい尿の中に排出されるようになります。

 

 

アルギニノコハク酸シンテターゼの欠損は常染色体性劣性遺伝が原因とされます。先天性の病気での発症はおもに新生児が中心です。幼児期以降に発症することもあり、環境的な要因も作用すると考えられますが、はっきりした原因は確定していません。

 

 

いずれにせよ、先天的な病気となるので健康な人がシトルリンサプリを摂取したからといって発症してしまうということはありません。

シトルリンの摂取量とペニスの増大はあまり関係ない

 

シトルリン血症を心配するということは、ペニス増大のためにシトルリンをたくさん摂取したいと思っているということでしょうね。ただ、シトルリン血症は先天性の病気であり、シトルリンを過剰摂取しても発症する病気ではありません。

 

 

通常の健康な人なら、シトルリンの過剰摂取は心配しなくてよいと思います。たくさん摂取したところで、不要な分は分解されて体外に排出されるので安心です。1日に2000〜3000mg摂取したところで、特に問題はないでしょう。

 

 

また、シトルリンだけをたくさん摂取したところで、ペニスが大きくなることはありません。ペニス増大サプリにおいて、シトルリンは確かに注目の成分ですが、シトルリンが直接ペニスを大きくするわけではありません。シトルリンに期待することは、血行促進作用により勃起力を強化することです。

 

 

ペニスそのものを大きくするには海綿体の細胞を増殖させる必要がありますから、そのためには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸をバランスよく多種類摂取しなければなりません。

 

 

シトルリンの1日当たりの目安となる摂取量は800mgです。このぐらいから血行が良くなることを実感できるでしょう。それ以上は無理に摂取する必要はありません。

ペニス増大にはシトルリン高配合サプリよりも多種類配合のサプリがおすすめ

 

シトルリンの作用を実感するには、1日800mg摂取するのが目安です。ただ、サプリのなかにはシトルリンに注力したものもあります。たとえば、SIKI株式会社の販売する「シトルリン2000」というサプリは、その名の通り1日に2000mgのシトルリンを摂取できるものです。

 

 

ただ、広告にも謳われていますが、このサプリの成分は99.9%の高純度のシトルリンのみです。それ以外に摂取できる栄養成分はほぼないと考えてよいでしょう。

 

 

「シトルリン2000」以外にもシトルリンの配合量を強調したサプリはあります。1日3000mg摂取できるものもあるようです。ただ、一つのサプリにそれだけの量のシトルリンを配合すると、必然的に他に何も成分を配合できなくなってしまいます。

 

 

ペニス増大はシトルリンのみで果たせるものではありません。ペニス増大には男性ホルモンのテストステロンと成長ホルモンの分泌を促す事が欠かせず、そのためにはビタミン、ミネラル、アミノ酸などをバランスよく摂取する必要があります。

 

 

血行を促進して勃起力をアップしたいという人には高純度のシトルリンサプリも有効ですが、ペニス増大を第一に考える人には、増大成分が充実している多種類配合のサプリをおすすめします。