MENU

「L-シトルリン」の「L」とは何を表しているのか

こんにちわ。牛島です。

 

 

ペニス増大や勃起力強化のためのサプリの多くには、シトルリンという成分が含まれています。シトルリンはアミノ酸の一種であり、人体を構成するアミノ酸ではないものの体内に摂り込んで栄養素として使える成分です。

 

 

アミノ酸は「L体」と「D体」に区別されます。サプリの成分表をよく見てもらうと気づかれると思いますが、シトルリンに関して、正確には「L-シトルリン」と表記されているはずです。この「L」が何を指すのかを説明しましょう。まず、アミノ酸とは何かというと、アミノ基とカルボキシル基をその分子内に持つ化合物のことです。

 

 

アミノ酸には、その種類によって鏡に映した形が同一になる構造のものが存在します。わかりやすく言うと右手と左手のような関係ですが、この一方を「L体」とし、もう一方を「D体」として区別します。人間に限らず生き物の体を構成するたんぱくは「L体」のアミノ酸のみです。

 

 

自然界には「D体」のアミノ酸は存在しないと思われてきたぐらいで、生き物の役に立つのは「L体」のアミノ酸だけなのです。したがって、サプリに配合されるアミノ酸は必然的にすべて「L体」となっています。つまり、サプリについて語るとき、単に「シトルリン」と言っても、それは「L体」のシトルリンのみを指しています。

 

 

ただ、厳密な表記を要求されるサプリの成分表では、ちゃんと「L-シトルリン」と表記してあるのです。

 

 

成分表に、単に「シトルリン」とだけで「L体」であることを表記していないものは、精錬が十分でないものかもしれません。ただ、国産のサプリで「L体」のアミノ酸でないものはなく、品質も保証されているので使用に当たって特に気にする必要はないでしょう。

 

シトルリンの体内での作用とペニスに与える影響

 

ペニスに作用する男性用サプリのほとんどに配合されているシトルリンは、アミノ酸ではあるものの、人体を構成するアミノ酸ではありません。では、なぜあえてサプリに配合されるのかというと、体内に摂り込まれると血行を促進する作用があるからです。

 

 

血行促進に有効な成分はほかにも色々ありますが、アミノ酸は人体を構成する最小単位ですから、作用の仕方がそれ以外の成分よりはるかに大きいのです。

 

 

アミノ酸はL体とD体に区別されますが、生き物の体を構成するたんぱくはすべてL体のアミノ酸から出来ています。したがって、サプリに配合されるシトルリンもL体であり、実際、成分表にも「L-シトルリン」と表記されているはずです。そのL-シトルリンですが、体内で一酸化窒素の生成を助ける働きがあります。

 

 

血管内皮細胞から血液中に作られる一酸化窒素には、血管を拡張したり、血小板の凝縮を抑制したりする作用があるのですが、シトルリンが血管内皮細胞に働きかけることによって、その生成をスムーズにします。

 

 

つまり、シトルリンによって血液の流れがスムーズになるということであり、ペニスがその作用を受けると勃起時に血液が海綿体に大量に流れ込むことになります。

 

 

また、血液は成長ホルモンを運ぶ役割も担っているので、血行が良くなることで、ペニスの成長に必要な成長ホルモンが海綿体にスムーズに届けられることにもなります。ゆえに、シトルリンが勃起力強化やペニス増大に役立つのです。

 

 

シトルリン以上に効果的に血行促進作用をもたらし、かつ、人体に安全な成分はほかにありません。天然ハーブなどにも血行促進作用をもたらすものはありますが、ペニスに働きかける能力を考えると、シトルリン以上のものはないと思ってよいでしょう。

 

アルギニンに変換されるシトルリンとアルギニンの体内での作用について

 

血液中の一酸化窒素濃度を高める作用を持つシトルリンは、摂取すると30分以内にアルギニンに変換されます。つまり、シトルリンとアルギニンと別の名前で呼ばれてはいるものの、実は同じ成分のことを意味しているのです。

 

 

体内に摂取されたシトルリンは、一酸化窒素生成をサポートして血行を促進する作用を持ちます。しかし、そのままでは成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を促す材料としてあまり使われません。そこで、アルギニンに変換されます。ところが、アルギニンに変換されると、ホルモンの分泌や代謝活動を促すのに大きな働きを持ちます。

 

 

ペニスを大きくするには成長ホルモンを分泌させ、海綿体の細胞を増殖させる事が必要です。だからこそ、シトルリンやアルギニンがペニス増大や勃起力強化のサプリの配合成分として重視されるのです。ただ、アルギニンに変換されるからといって、シトルリンだけを摂取していれば十分というわけではありません。

 

 

シトルリンは単体で摂取しても体内に吸収されずに失われる分の割合が高いため、効率的ではないのです。また、アルギニン単体で摂取しても、同じように吸収の効率が悪く、血行を促進させる作用としては十分ではありません。

 

 

アルギニンは体を作ることに大半が使われ、一部は尿と一緒に毒素を排出する際に使われるので、それ単体では勃起力強化には心もとないのですね。ところが、シトルリン・アルギニンを同時摂取したときは、体内への吸収率がそれぞれ別に摂取したときに比べて1.5倍程度も上がるとされます。

 

 

だからこそ、サプリにはシトルリンとアルギニンが両方とも配合されていることが大切なのです。サプリを選ぶ際は、両方が配合されたものを選びましょう。