MENU

基本的にはシトルリンに副作用の心配はない

こんにちわ。牛島です。

 

 

ペニス増大・勃起力強化のサプリに欠かせない成分のシトルリンは、1日に800mg摂取することが作用を実感できる目安の量です。なかにはシトルリンに注力した2000mgも3000mgもシトルリンが配合されたサプリもあります。ただ、そんなにシトルリンを摂取して副作用の心配はないのかと思う人もいるでしょう。

 

 

シトルリンの歴史は浅く、1930年に発見されたばかりの成分です。血行促進の作用がある事で、勃起力の強化を狙う男性だけでなく、美肌効果を期待する女性にも人気があります。実際、男性用のサプリだけでなく、女性が選ぶサプリにも配合されています。

 

 

気になる副作用ですが、特に心配するようなものではないと言い切ってかまわないと思います。シトルリンを含む食べ物にスイカがありますが、スイカを食べて副作用が出るということがないように、シトルリンをサプリで摂取しても特に健康へのリスクはないでしょう。

 

 

ただし、シトルリンには血行を促進させる作用がありますから、血管や血圧に疾患がある人は注意した方がよいでしょう。スイカで摂取できる量はたかが知れていますが、サプリなら簡単に大量のシトルリンを摂取できてしまいます。どのぐらいの摂取量ならOKか、あらかじめお医者さんに確認してください。

 

シトルリンが身体に直接作用するわけではない

 

シトルリンとは、血行を促進させる作用があるアミノ酸の一種です。血管を拡張して血流を良くするためのキーとなるのが一酸化窒素ですが、シトルリンは血管内の一酸化窒素の生成において大きな役割を果たします。

 

 

シトルリンは体内でアルギニンへ変換されます。シトルリンとアルギニンは成分が違うのですが、体内でお互いに変換し合っています。その過程で産出されるのが一酸化窒素であり、シトルリンがアルギニンに変換されるときに生まれる一酸化窒素によって、血管が拡張して中を流れる血液の流れが良くなるのです。

 

 

また、アルギニンは成長ホルモンの分泌促進作用があり、皮膚や筋肉、男性の精子を作るのに必須の成分です。体を作ることに大部分が使われるアルギニンですが、余った分はふたたびシトルリンに変換されます。その際にまた一酸化窒素が産出されるのです。

 

 

シトルリンとはこのような成分であり、シトルリンが直接体に作用して血行を促進させるのとはちょっと違います。シトルリンからアルギニンへ、アルギニンからシトルリンへと変換が行われる際に産出される一酸化窒素こそが、血行を促進させています。

 

 

ですから、血行を促進して勃起力を強化するといっても、ED治療薬とは根本的に異なっているのです。ED治療薬は血管を急膨張させて、血流を急に速くしていきます。

 

 

そのため血圧が低下して吐き気やめまいを起こすこともありますが、シトルリンの作用は非常に緩やかで、体内に摂取してから3〜4時間後には一酸化窒素濃度は元に戻るので、ほとんど体にリスクがありません。そもそもがスイカなどに含まれる天然のアミノ酸の一種なので、ED治療薬ほど取り扱いに注意を要する成分ではないのです。

シトルリンをたくさん摂取してもペニスの増大にはつながらない

 

シトルリンをたくさん配合しているサプリを多く摂取しても大丈夫だろうかというのは、ペニス増大のサプリに関してよくある疑問です。シトルリンの血行促進作用を実感するには、1日に800mg程度の量を目安とするのが良いとされていますが、これより多く摂取しても体に害が出ることはあまりありません。

 

 

シトルリンの副作用などということも、これまで報告はされていません。男性用サプリの中には、1日の摂取量でシトルリンを2000mgも3000mgも摂れるというものもあるぐらいなので、シトルリンの上限については特に気にしなくて良いと思います。ただ、そんなに大量にシトルリンを摂取する必要があるのかということは考える必要があるでしょう。

 

 

男性用サプリにシトルリンが配合されるのは、その血行促進作用によってペニスが勃起した時に海綿体に流れる血液の量を多くし、勃起力を強くしようという狙いがあります。また、体内に摂り込まれたシトルリンは、ほどなくアルギニンに変換されるので、アルギニンの成長ホルモン分泌を促す作用への期待もあるでしょう。

 

 

いずれにせよ、シトルリンが直接的にペニスを成長させるわけではありません。シトルリンに期待される役割はあくまでサポート役であり、ペニスを大きくするには、成長ホルモン分泌を活発にするビタミン・ミネラル・アミノ酸などさまざまな栄養素の、バランスのよい摂取が必要なのです。

 

 

ですから、シトルリンが2000mgも3000mgも配合されているサプリだと、それ以外の重要な成分を配合する余地がありませんから、増大目的として使用するのは避けた方が良いということになります。食事と同じで、適度にバランス良く摂取することが大切です。

 

他の成分との相乗効果を考えてシトルリン量が決められている増大サプリ

 

シトルリンは、スイカやメロンなどウリ科の食べ物に含まれる天然の成分ですので、多少摂り過ぎたからといって健康に被害が及ぶ心配はありません。

 

 

いまのところ血行促進作用において、最も手軽且つ大きな効果が期待できる成分ですので、ペニスに作用する男性用サプリにシトルリンが配合されていないものは、ほとんどないと言ってもよいでしょう。ですから、シトルリンが配合されているかどうかばかりを気にして、サプリを選ぶ必要もないということになります。

 

 

また、シトルリンとアルギニンの相乗効果もよく言われるところですが、あまり詳しくないのであれば、この二つの成分の比率などを考える必要もありません。サプリのメーカーが体への吸収率を考えてベストな比率で調合してくれています。

 

 

ちゃんと相乗効果が得られるように考えられているので、わざわざ自分なりの工夫で他のサプリを無理に加えたりする必要はないのです。また、シトルリンはわりと高価なので、シトルリンがたくさん配合されているサプリばかり買うのもお金がかかってたいへんです。

 

 

それよりも、ペニスに成長ホルモンがちゃんと届くように、サプリを摂取したら勃起させてトレーニングする方が増大のためには効果的です。