MENU

ペニスが成長する仕組みがわかればペニス増大の方法もわかる

ペニスを大きくするサプリ

私、牛島は建設会社に勤めている53歳の男性です。

 

 

娘がいますが既に独立しているため、現在パートタイマーとして働いている妻と二人暮らしです。2年ほど前から中折れや勃起不全などの症状で悩み始めたのがきっかけで、このサイトを作成しました。

 

 

サイトを作成するにあたって精力剤について調べ始めたので、とても知識が増えました。今は40代〜50代で起きやすい男性更年期障害で悩んでいる方や、男性更年期障害かもしれないと不安に思われている方、勃起・中折れ・射精の気持ちよさの減少などがある男性方に向けてサイトを作成しています。

 

 

ペニス増大と単純に言っても、私たちが期待するのは「通常の状態で、今までのサイズよりも増大する」ということです。世の中にペニス増大サプリはたくさんありますが、自分の目的とは異なるサプリ(たとえば血行を促進させて勃起力の向上を狙うもの)をいくら飲んだところで、ペニス自体のサイズがアップすることはありません。

 

 

通常のサイズがどうすれば大きくなるかの理屈を理解すれば、自然と手に取るべきサプリの種類がわかると思います。ペニスは大量に成長ホルモンが分泌される思春期にかけて成長しますが、思春期を過ぎてしまうと成長ホルモンの分泌は減少してしまいます。

 

 

分泌される成長ホルモンのうちペニスの成長に作用するのは全体の約3%と言われていますから、成人後の成長ホルモンの分泌が激減してからだと、チンコに作用する成長ホルモンはほとんどないことになります。そのため、大人になって自然にチンコが大きくなる可能性は低いのです。

 

 

逆に考えると、成長ホルモンの分泌を高めれば、チンコに作用する分も増えることになり、30代、40代になってからでもチンコが大きくなる確率が上がると考えられます。ですから、通常時のサイズから大きくしたいのであれば、成長ホルモンの分泌を促すようなサプリを摂取することが大切です。

 

 

この理屈がわかれば、ペニス増大サプリの選び方もおのずとわかるでしょう。成長ホルモンの分泌量を増やして、海綿体に栄養を届ける成分が配合されていることが不可欠なのです。

ペニス増大サプリには本当にペニスを大きくする効果があるの?

 

40歳を過ぎてペニス増大に成功した私としては、ペニス増大サプリに本当にチンコを大きくする効果があることは明らかなのですが、なかには「そんなサプリに効果があるわけない」と断言する人もいます。

 

 

試したこともないのにそういうことを言う人は論外ですが、いろいろサプリを試してみて効果が感じられなかったという人もいるので、なぜ人によって効果に差が出るのかを考えてみたいと思います。

 

一定期間サプリの服用を続けているのか?

 

スポーツ新聞などの広告を見ると、飲むだけでたちまちチンコが大きくなるように思えますが、医薬品でもないサプリにそんな効果があるはずがありません。それに、人間の細胞は約1カ月の周期で入れ替わっています。

 

 

いくら栄養のあるサプリを飲んでも、体に効果が表れるのは細胞が完全に入れ替わってからです。ですから、最低でも1カ月は服用を続けなければなりません。1週間程度試してみて「効果がない」と感じるのは当然といえば当然のことです。

 

適切なサプリを選んでいるのか?

 

ペニス増大サプリはたくさんありますが、雑誌などの広告でよく見かけるのは、ほとんどがチンコに流れる血流を増やして勃起力を向上させる目的のサプリです。勃起力が上がるということは膨張率が高まるという点でペニスの増大になりますが、本来のサイズには変化がありません。

 

 

ペニスを大きくするには、成長ホルモンや男性ホルモンの働きかけによって細胞の増殖から始めなければならないですから、真の意味でペニス増大を考えるなら、そのような働きを持つサプリを選ぶ必要があります。適切なサプリを選べば、程度の差はあれチンコは今より大きくなります!

 

>成長ホルモンの分泌を促す総合成分型ペニス増大サプリはコチラ

ペニス増大サプリには勃起力を高めるものとサイズを大きくするものの2種類がある

 

「ペニス増大サプリなんて効果ない」と思っている人も多いかもしれませんが、私は実際に40歳を過ぎてから増大に成功しています。正しいサプリを選べば40歳でも50歳でもチンコは大きくなるのです。では、どんなサプリがチンコを大きくするかというと、多成分が配合された総合型のサプリです。

 

 

総合型のサプリには「GHリリーザー」と呼ばれる成分が含まれているのが特徴ですが、そういう単一の成分があるわけではありません。GHリリーザーには成長ホルモンの分泌を促す栄養素が多種類含まれています。これらを総称してGHリリーザーと呼ぶのです。

 

 

ペニス増大サプリには2種類あって、

 

  • 血行促進効果を持つシトルリンという成分を単一で配合したもの
  • GHリリーザーを配合したもの

 

ペニス増大サプリに効果がないという人は、シトルリン配合型のサプリを飲んでそう感じるのでしょう。シトルリンは海綿体の血流を良くして、勃起力を向上させます。

 

 

なので、セックスのとき女性にはチンコが本当に大きくなったように感じられます。しかし、これはあくまで勃起力の向上の結果で、本当にチンコがサイズアップしているわけではありません。

 

 

ペニスの本来のサイズをアップさせるには、GHリリーザー配合の総合型サプリを選ぶことです。そうすれば海綿体の細胞が増殖して本来のサイズが大きくなります。

 

成長ホルモンの分泌を促しペニスのかさ増しを実現する総合型サプリ

 

ペニス増大サプリを大きく分けると2種類あります。一般的によく知られているのは、シトルリンという成分をメインに配合した勃起力を向上させるためのサプリです。

 

 

シトルリンには血行を促進させる作用があって、摂取すると勃起時に海綿体に流れる血液量が増加し、まるでペニスそのものが大きくなったかのように強く固く勃起するという効果を狙っています。

 

 

確かに強い勃起力があればセックスで女性に与える快感がより大きくなり、女性にとってはペニスが大きくなったかのように感じられるでしょう。しかし、あくまで勃起力が向上した結果によるもので、ペニス自体のサイズが大きくなったわけではありません。

 

 

ペニスのかさ増しを行うには、もう一つのペニス増大サプリである、成長ホルモンの分泌を促すために多種類の成分が配合された総合型のサプリが必要です。シトルリンが配合されていることは、ペニス増大サプリにとって大切です。

 

 

ただ、シトルリンだけではペニスのかさ増しはできません。ペニス自体を大きくするには成長ホルモンの作用で海綿体の細胞を増殖させる必要があります。そのために開発されたのが総合型と呼ばれるペニス増大サプリです。

 

 

総合型のサプリにはペニスの増大に必要なさまざまな成分が配合されています。もちろん勃起力の向上に大切なシトルリンも配合されているので、シトルリン単体ほどの劇的な作用はないものの、ある程度の勃起力を手に入れることは可能です。

 

 

もっと大切なのは「GHリリーザー」と総称されるビタミン、ミネラル、必須アミノ酸が多種類配合された成分が含まれていることです。GHリリーザーを摂取すると、脳下垂体から成長ホルモンを分泌するように信号が送られ、それがペニスや睾丸にも届きます。

 

 

成長ホルモンに刺激された細胞は分裂・増殖を繰り返し、強く大きく成長していきます。これがペニスのかさ増しの仕組みです。総合型のサプリを飲んでもすぐにペニスが大きくなるわけではありません。

 

 

人間の体は一定の周期で細胞が入れ替わっていますから、サプリを飲み始めてからも細胞が完全に入れ替わるまでは大きな効果は実感できないでしょうしかし、1カ月から3カ月程度で以前とは違うという実感が得られるはずです。

 

 

私は40歳を過ぎてからペニス増大を始めましたが、総合型のサプリを摂取するようになってから、ペニスのかさが増してきたことを実感しています。よって、チンコのサイズそのものを大きくしたいなら、総合型のサプリを選ぶことをおすすめします。

 

最近のシトルリン型サプリにはペニス増大の効果も期待できるの?

 

ペニスのかさ増しを狙うなら、成長ホルモンの分泌を促す総合型サプリを選ぶことが大切ですが、かといってシトルリン型のサプリに意味がないわけではありません。血流の上昇によって勃起力を高める効果は総合型サプリ以上に期待できます。

 

 

それどころか、最近のシトルリン型サプリは、総合型サプリの良いところを採り入れ、勃起力の向上のためのシトルリンだけでなく、チンコの増大に必要な多数の栄養素を配合したものが出てきており、ペニスを大きくする効果が望めるようになりました。

 

 

シトルリンはおもに勃起力の向上のための成分と思われがちですが、かさ増しにもなくてはならない成分です。成長ホルモンの分泌量が増えても、それがしっかりペニスにまで送り込まれなければペニスが成長することはありません。

 

 

成長ホルモンや必須の栄養素をペニスの細胞に作用させるには、血液によって睾丸からペニスまで運んでもらわなければなりません。シトルリンは血流を上昇させる作用がありますから、それによってほかの必要な栄養素やホルモンもペニスまでしっかり届くことになるのです。

 

 

しかし最近のシトルリン型サプリは、ペニスのかさ増しに必要な成分をシトルリンの作用で血液に乗せて効果的にペニスまで届けるようになりました。よって、以前のように「シトルリン型サプリにペニス増大の効果はない」とはもう言えないでしょう。

 

総合型とシトルリン型どちらのサプリを選ぶべきか

 

ペニス増大サプリには、成長ホルモンを分泌させるための栄養素が多種類配合された総合型サプリが良いと言いましたが、最近のシトルリン型サプリにも総合型サプリの特徴を採り入れてチンコを大きくする効果が期待できるというのも、説明したとおりです。

 

 

では、結局どちらを選べばよいのかということになりますが、いろんなペニス増大サプリを試した私の実感としては、必須栄養素が多種類配合されているものなら、どちらでも効果は期待できると思います。

 

 

ただ、シトルリン型サプリはあくまでシトルリンがメインであり、いちばんの目的は勃起力を向上させることです。よって、チンコを成長させる成分も入っているといっても、総合型サプリほどの高配合ではありません。ですから、効果は総合型サプリよりもゆるやかだろうと思います。

 

 

一方、GHリリーザーを配合した総合型サプリは、ペニスそのものの大きさをアップさせることを目的としたサプリですので、シトルリン型サプリよりも早く増大効果が得られると期待してよいでしょう。

 

 

ただし、勃起力の向上はシトルリン型サプリほど劇的には感じられません。結論としては、勃起力の強化かチンコのサイズアップかどちらを優先するかで、総合型とシトルリン型どちらを選ぶかを考えればよいと思います。

 

>当サイト厳選!オススメのサプリはコチラ

 

ペニスの構造の仕組みとサイズを大きくするための理屈

 

ペニス増大を考えるなら、チンコが大きくなる仕組みや理屈を知っておくことも大切です。仕組みや理屈がわかれば、そのために何が必要かもわかりますし、どんなペニス増大サプリを選べば目的に必要な効果が得られるかもわかります。

 

 

ペニスの構成要素と勃起の仕組みについて、ペニスには骨がないことはよく知られていることですが、だからといって筋肉でできているわけでもありません。意外と多くの人がペニスは筋肉の固まりかのように思っているようですが、実はペニスを構成するのは海綿体と呼ばれるスポンジ状の組織であり、その中身はほとんどが血液です。

 

 

ペニスの左右に陰茎海綿体という組織が一対あり、ペニスの下側に尿道海綿体という組織が一つ亀頭まで通っています。ペニスはこの合計3つの海綿体で構成されています。

 

 

性的興奮などによって海綿体内部の血管に多量の血液が送り込まれると、血液で満たされた海綿体は固くなり、これを勃起と呼んでいます。この仕組みからわかることは、チンコを大きくするには海綿体に流れる血液量を増やすことです。

 

 

勃起時だけでなく通常時からサイズアップを図るには、海綿体を構成する細胞を活性化させる必要があります。以上のことからペニスを大きくするための理屈がわかりました。

 

 

海綿体という特殊な組織の性質を生かして、海綿体を構成する細胞を活性化し、生産、分裂、増殖を繰り返していくことです。海綿体は筋肉とは違いますが、筋トレで筋肉を大きくするときの理屈と同じです。

 

 

テンションをかけると組織は破壊されますが、それが修復される過程で以前より強くたくましくなります。それに欠かせないのが成長ホルモンです。成長ホルモンの働きにより組織は以前より強靭な形で修復されます。

 

 

ただ、ご存知のように成長ホルモンは成長期に最も分泌量が増え、加齢によって激減するものです。加えて、分泌される成長ホルモンのうち、ペニスに作用するのはわずか数%でしかありません。

 

 

ですから、通常なら成長期が過ぎた人のペニスが自然に大きくなることはなく、成長期で到達したサイズがその人のマックスということになります。しかし、人為的に成長ホルモンの分泌量を上げることで、チンコに作用する成長ホルモンを増やし、成長期を過ぎても大きくすることは可能です。

 

 

実際、私は40代になってからペニス増大を始めましたが、それでもはっきりと以前より大きくなったと実感しています。というのも、成長ホルモンの分泌を促すペニス増大サプリを飲んでいるからです。

 

サプリの摂取と同時にペニスを大きくするために行うべきこと

 

ペニスを大きくする効果が期待できるのは、成長ホルモンの分泌を促進する栄養素が配合された総合型のサプリです。成長ホルモンが思春期並みに分泌されれば、体は自然と成長します。ただ、チンコを大きくするためには、サプリを飲むだけでは十分とは言えません。

 

 

総合型のサプリには成長に欠かせない多種類の栄養素が含まれているので、確かに飲むだけでも少しずつ効果は感じられるでしょう。ただ、成長ホルモンは大部分がペニス以外の部分に作用します。

 

 

成長ホルモンのうちペニスの成長に作用するのは全体の約3%と言われており、この割合を考えると、サプリで成長ホルモンの分泌量を増やしても目に見えてペニスを大きくするには十分とは言えないでしょう。

 

 

実際、成長ホルモンの多くは、男性なら筋肉やヒゲに作用します。ですから、ペニスを大きくするには、成長ホルモンの分泌量を増やしたうえで、それがペニスに作用するように働きかける必要があるのです。

 

 

成長ホルモンをペニスに作用させるには、ペニスに十分な成長ホルモンが回ってきていないことを脳に訴えかけなければなりません。そのためにはどうするかというと、ペニスに意識的に刺激を与えて細胞を活性化することです。つまり、ペニスのトレーニング「チントレ」です。

 

 

具体的には、勃起させて海綿体に流れる血液量を多くすることと、勃起状態を長時間維持して海綿体内に血液を留まらせることの2つを意識します。かといって、オナニーばかりやっていればトレーニングになるわけではありません。

 

 

勃起しやすくするためにペニスを支える筋肉を強化する必要もあります。そのために効果的なのはスクワットです。スクワットによりペニスを支える筋肉をはじめ、下半身全体の筋力をアップさせることが大切です。